スタッフ

 

監督 小原 昭弘

  •  1972年に花巻に生まれる。小学校から始めたサッカーにのめり込み、花巻中学校から盛岡商業高校に進む。盛岡商業高校では、高校2年生のときに全国大会出場を果たしたものの、キャプテンを務めた3年生では宿敵遠野高校に決勝戦で惜敗、悲劇のキャプテンと呼ばれた。
  •  高校卒業後、順天堂大学に進学し、後にジュビロ磐田に入団し、日本代表として名を馳せた名波浩選手とともにプレーをした。
  •  大学卒業後は岩手に戻り、母校を皮切りに高校サッカーの指導に携わりながらB級ライセンスを取得した。
  •  縁あって、2000年から専修大学北上高校の監督に就任。2007年の第85回全国高校サッカー選手権大会で盛岡商業高校が、東北勢では秋田商に続き全国優勝を果たした2校目となった際には、スタンドでサポーターの1人として喜びを分かち合いながら、自分のチームをこの大舞台に立たせる決意を新にした。
  •  母校盛岡商業を倒すことが恩返しとチームを導いてきたが、それが叶った今、狙っている次の目標は恩師である斉藤重信先生の成し遂げた偉業「全国優勝」の再現である。

 

コーチ 千葉 一輝                        

 

  •  小原昭弘監督の教え子が母校「専大北上高校」の事務職員として本校サッカー部に戻ってきた。自身の高校時代の経験を豊かに、かつ熱く語りながら指導している。 主にサードチームを率いているが、チームの底上げは彼の手腕にかかっていると言っても過言ではない。

 

 

 

 

 

 

 

部長 八重樫 良


  •  年齢的にはスタッフの中では一番の長老であるが、大人気ない言動で選手たちを鼓舞しようと画策しているらしい。主に広報活動とバスの運転を業務と心得ており、サッカーの技術指導は監督をはじめとした若いスタッフに任せている。
  •  
  •  
  •  
  •  宮古市出身でありながら、サッカーをするために盛岡商業高校に入学、小原昭弘と同じ道に歩むことになる。自ら寮に進んで入り、厳しい練習環境の中、ひたすらサッカーに打ち込んだ。高校卒業後は、富士大学に進学し、さらにサッカーの技術向上に励んだ。大学卒業と同時に、本校体育科の教員に採用され、現在に至っている。どちらかと言うと物静かなタイプであるが、冷静な分析と的確な助言で、主にサードチームと1年生を導いている。
  •  

 

 

コーチ 盛合 龍也